今お出ししてるグラスワインの紹介です。
写真で見るとおり特徴的な丸いボトル(ボックスボイテル型)
のワインで、ドイツ・フランケン地方のものです。
昔からミネラルがしっかりした引き締まった辛口ワインの
産地として有名です。このワインはシルヴァーナというブドウを
使ってまして、さっぱりした柑橘の香りとフルーティーな
味わいがとても魅力的なワインです。
ちなみにこのワインの名前ですが
「ヘルスタイナー アブツベルク カビネット トロッケン」
などというちょっと長くて覚えづらい名前です。
2015113.jpg

ドイツワイン美味しいんですが、発音しにくいものが
多い印象なんですよね。名前がシンプルだったらもっと
人気出るかな~。
スポンサーサイト
当店ではグラスワインを常時15種類以上、ご用意してます。
またお料理に合わせてソムリエのセレクトでお楽しみいただける
グラスワインセット(5種類¥2500)も好評です。

何を飲んだらいいかわからないなど、気になることがありましたら、
お気軽にお尋ねくださいね。さあ、今日もがんばります。
寒くなってくると、おでんや鍋物などが食べたくなりますよね。
さすがに店頭に「おでんあります」とは張り紙できませんので
煮込み料理などをおすすめしてます。

先日の福美鶏とジャンボマッシュルームのフリカッセですね。

ワインにはリッチな白か重過ぎない赤がいいと思いますが、
今日は赤ワインを2種ご紹介します。

1107.jpg
左が北イタリアピエモンテ州のバルベラ・ダスティ・スペリオーレ 2012
右は北イタリアロンバルディア州のヴァルテリーナ・スペリオーレ 2007

共に香りが華やかで酸味があるタイプですが、バルベラはフルーティで親しみやすいタイプ
ヴァルテリーナはより複雑味があるタイプという感じで試していただけるといいな~、と
思ってます。あ、バルベラはブドウ品種の名前です。ヴァルテリーナは地名です、
ブドウはネッビオ-ロ(この地方ではキアヴェンナスカ)を使います。
ワイン名も一定の法則の下に決まってれば、もう少しわかり易いのでしょうが、
現実は国ごとどころか、地方ごとに違いますからね~。苦労します。
昨日の記事にラ フェスタ ミッレミリアを見学するため
明治神宮まで行ったことを書いたのですが、明治神宮といえば
ワインとも関連があります。

写真にありますとおり、ワイン樽それもフランス・ブルゴーニュ地方の
名だたる生産者のものが献納されています。
ロマネ・コンティももちろんありますね~。

日本酒はよく神社に奉納されてるのを見かけますが、ワインは珍しいですね。
明治神宮の由緒書きによりますと、
「和魂洋才」を旨とした明治時代、明治天皇は積極的に西洋の文化を取り入れられ
断髪や洋装、洋食を召し上がり西洋酒としては葡萄酒をお好みになられました。
とのことです。そんなご縁で奉納されてるんですね。
樽の中身は空ですが、もともとは入ってたんでしょうかね?
入ってたとすれば、振舞われたこともあるんでしょうか?
ちょっと気になりますね。

1019.jpg
1018.jpg

当店でお出ししてるグラスワインですが
ヨーロッパ諸国(フランス、イタリア、スペイン、ドイツなど)の
ワインを多めにセレクトしてますが、時々、
アメリカ、南米、南アフリカ、オセアニアが混ざります。
今ご用意してる中に、オーストラリア・バロッサバレー産の
シラーズがあります。
シラーというブドウ品種と同じですが、オーストラリアでは
語尾が濁ってシラーズと呼ばれます。

ベリー系の果実味がリッチに感じられ、チョコレートやコーヒー
スパイスのニュアンスもあり、滑らかな舌触りに仕上がってます。
なかなかなワインですね。

日が暮れると冷え込みも厳しくなってくるこの季節、
ちょっといっぱいしっかりしたワインを・・・というときに
お勧めしたいワインです。
トルブルック ウッドカッターズ・シラーズ 2012
1009.jpg
プロフィール

オーナーソムリエ 松本

Author:オーナーソムリエ 松本
OSTERIA MATSUMOTO

ソムリエの私とシェフは妻、そして
マネージャーGIOIAが切り盛りする
イタリアン&ワインバー

カウンターを含め16席の小さな店です。

“美味しい料理とワイン”をどうぞ
お愉しみ下さい

フェイスブック
フェイスブックページも宜しくお願いします。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム